ダンサーの前髪

ダンサーになる方法、ダンスと進路、ダンスに関する知識を幅広く発信!

D.LEAGUE(ディーリーグ)って何?開催情報、ルールやチームなど。日本初のプロダンスリーグ!年俸制!企業に感謝!

ダンサーの前髪、管理人です!

今回はD.LEAGUE(ディーリーグ)に関する記事です。

 

D.LEAGUE(ディーリーグ)というと、サッカーで言うJリーグ。

今非常に注目されているプロのダンサーが戦う場なんですよね。

今回は、そんなD.LEAGUE(ディーリーグ)について解説させていただきます。

ダンサーやダンスが好きな方だけでなく、企業にお勤めの皆様、経営者の皆様、就活中の皆様にも幅広い層に読んでいただきたい記事です。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

D.LEAGUEとは


f:id:freelancemama:20211129123339j:image

D.LEAGUEとは、ズバリ日本初のプロダンスリーグです。

タイトルスポンサーは第一生命!

さすがです、第一生命!素晴らしいよね!

D.LEAGUE詳細情報

プロダンサー8名×11チームの魂をぶつけ合う大会D.LEAGUE。

パフォーマンスは2:00-2:15と短めです。

ちなみによくあるダンスイベントでのパフォーマンスなんかは3.4分であることが多いかなー!

勝敗は審査員とオーディエンスの総評で決まります。

上位4チーム+上位4チームを除き審査員ポイント1位のチーム、オーディエンスポイント1位のチームの6チームがチャンピオンシップに進みます。

そしてトーナメント戦が行われます。

D.LEAGUE運営企業

D.LEAGUEは株式会社Dリーグという2020年2月に設立された企業が運営しています。

 

D.LEAGUEをはじめるにあたりきっとたくさんの方のお力があったんだと思います。

D.LEAGUE創始者の平野さんと神田さんのマインドがなんとなくわかる記事を貼ります。

世界初プロダンスリーグのビジネス戦略 D.LEAGUE運営に聞く(THE PAGE) - Yahoo!ニュース

 

私もこの記事には本当に心打たれました。

皆様ぜひ読んでみてくださいね。

 

ちなみにご存知でない方のために一応。神田さんは、Xyonのカリスマカンタローなんですよ。私も10年以上前からダンサーとしては存じ上げておりましたが、今や実業家!DANCE ALIVE HERO'sとかDewsとか運営元全部この方ですよ!偉大すぎる!EXILE HIROさんとかもそうだけど、ダンスもできるビジネスもできる、リスペクトがとまらないよね!

 

以前こんな記事を書きました。

dance.mamasaurus.jp

もし、進路に悩む学生さんがこの記事を読まれていたら…ダンス×ビジネスに挑戦したい、もしくは挑戦したいというか思うかも知れないのなら、大学に進学して経営学などダンス以外のことも学ぶのも悪くはないのかも知れませんよ?!

D.LEAGUE出場チーム

D.LEAGUE出場チームは公式サイトにチームのロゴ入りで載っています。

ちなみに?CyberAgent Legitのディレクターは、ダンサーでない皆様もご存知であろうFISHBOYですよ!

 

  • avex ROYALBRATS
  • KADOKAWA DREAMS
  • KOSE 8ROCKS
  • CyberAgent Legit
  • SEGA SAMMY LUX
  • SEPTENI RAPTURES
  • dip BATTLES
  • FULLCAST RAISERZ
  • Benefit One MONOLIZ
  • USEN-NEXT I'moon
  • LIFULL ART-RYTHM

 

実はこの中に管理人も縁のある企業が1つあります。昔からあるような大手企業でもマネジメント層の頭がやわらかかったり、考え方が若いって最高だよね!こうやってダンサーや夢のある人を応援してくれている企業には好感しか持てない!人の夢を応援してくれる企業は本当にかっこいい!感謝ですよね、本当に。

D.LEAGUE開催情報

D.LEAGUEはAbemaやニコニコ、Gyao!、スカパー等で配信されます。

D.LEAGUE専用アプリでは視聴だけでなくオーディエンスジャッジに参加することもできます。

大会情報 | D.LEAGUE(Dリーグ)

開催日は公式サイトに随時アップされます!要チェック!

Dリーガーの年俸

 

 

あんまり、人のお給料の話で盛り上がるのは好きではないんだけども。

D.LEAGUE選手にはJリーガーやプロ野球選手同様にスポンサーから年俸が発生します。

 

まず、この年俸制が導入されているということがすばらしいんですよね。

収入が不安定なダンサーにとって、このスポンサーかがつく仕組みって本当にありがたいし、ダンサーの地位向上を感じます。

 

年俸に関してはざっくり300万~1000万だそうな。スキルや経歴にもよるだろうからひらきが大きいですね。D.LEAGUE自体の知名度や価値が上がればダンサーの年俸もまだまだ羽上がるだろうね!

 

プロダンサーになることに対する漠然とした不安がD.LEAGUEの存在によりかなり薄くなるのではないでしょうか?

もちろんプロになるのは簡単なことではないし、頑張ったら必ずなれるわけでもないんだけど、それはサッカーや野球でも同じことです。

ダンスがサッカー等のスポーツと近い位置に並ぶ時代がきた!この事実が素晴らしいと思うのです。

D.LEAGUEが作る未来

D.LEAGUEの発足、オリンピックへのブレイキンの参入、今ダンサーにとって追い風が強く吹いていると管理人は確信しています。

 

D.LEAGUEなどのイベントは、ダンサー、ダンスに関わる方々の雇用を多く生み出します。

夢を追うダンサーの皆のチャンスも増えます。

本当、D.LEAGUEの発足に感謝感激ですよね。

 

カリスマカンタローさんや平野さん、EXILE HIROさんのような実業家ダンサーが増えることでダンス業界が活性化されるのは間違いないよね!

 

ダンスに関するビジネスが活性化することは、ダンサーやダンス業界に関わる全員の未来を明るくしてくれます。

 

私は自分ができることとして、こういったダンスに関するニュースをどんどん紹介していきたいと思っています!

ダンスに関するブログ等のコンテンツってまだまだ全然少なくて、それこそカンタローさん絡みのものが多かったりします。

似たようなコンテンツでも競り合うことで業界全体が活性化するのは確実だから、私みたいにダンサー×ライターみたいな人間がこぞって記事を書くのもまあまあ大事なんじゃないかなって思ってるわけです。

例えばダンス関係のブログランキングとかって今は簡単に上位取れちゃうんですよ.SEO対策を競い合えばコンテンツの質も上がるし、ライバルがたくさん欲しい管理人です!(まずは自分のサイトを成長させろよっと話なんだけどね。笑)

おわりに

今回は今話題のD.LEAGUE(ディーリーグ)に関して記事にしてみました。

いかがでしたか?

 

D.LEAGUE(ディーリーグ)はプロダンサーなら知らない人の方が少ないと思うのですが、ダンスを習っている方や最近ダンスをはじめたという方にはまだあまり知られていないように感じています。

D.LEAGUE(ディーリーグ)は、ダンサーやダンスが好きな方だけでなく、サラリーマンの皆さんや就活生の皆さんにも知っていただきたいイベントなのでこの記事を書きました。

おもしろい企業って、こういうことしてんだよって伝えたかったのもある!

 

 

ダンサーたちの未来がどんどん明るくなりますように。

ダンサーやアーティストの皆が経済的に安心できるような仕組みが浸透しますように。

日本が夢に向かって猪突猛進できる若者で溢れますように。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

◆本日のまとめ◆ D.LEAGUEは日本初のプロダンスリーグ!
ダンサーの地位向上につながるイベントなので皆で応援しよう!

ランキングに登録しています。

応援ポチッと宜しくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

他にもダンスに関する記事を執筆しています。

よろしければ覗いてみてください。

 

 

 

dance.mamasaurus.jp

 

dance.mamasaurus.jp

 

 

管理人のプロフィールはこちら

dance.mamasaurus.jp

© 2021 ダンサーの前髪All rights reserved.