ダンサーの前髪

ダンサーになる方法、ダンスと進路、ダンスに関する知識を幅広く発信!

ダンサーと社会保障。将来、大丈夫?フリーランス(個人事業主)の働き方。お金のこと、家族のこと、自分のこと、人生を考えよう!フリーナンスって知ってる?

どうも!
ダンサーの前髪、管理人です。

今日はダンサーと社会保障についての記事です。
ダンサーに限らずフリーランスとして仕事をしている、または憧れているという方にお届けしたい内容です。

なんだがいつもとちょっと違う雰囲気の記事になりそうだけど、ダンサーとして生きていくなら知っておかなきゃいけない身の守り方のお話も。

  • ダンサーだけど、結婚して、子供が生まれた!将来大丈夫?
  • ダンスインストラクターになりたいけど、社会的な保障が不安。
  • フリーランスの老後って貯蓄頼り?

そんな疑問をお持ちの方はぜひ最後までご覧ください。
はてなブログ仲間も募集中!







社会保障とは?

f:id:freelancemama:20211211213943j:plain
社会保障

社会保障って簡単に言うと、いざというときのセーフティーネットなんですよ。

わかりやすい例で言えば

  • お金がない
  • 怪我をして働けない

とかね。
自分じゃどうにもならない時に社会が助けてくれる仕組みってわけだ。
正確には助け合っていく仕組みですね。

就労や生活が難しいと判断された場合に頼るべきところが社会保障制度です。

今ご紹介したパターンとは異なりますが、元気に頑張って働いて生きてきて無事定年退職しました!
この場合、基本的に年金+貯蓄での生活がはじまりますよね。
この年金も社会保障の1つです。

※年金は基本的には働いている時に少しずつ払っていたお金が毎月返ってくる感じの仕組み。

管理人はこの社会保障に興味があり、学生時代に他学部でしたが社会保障、社会福祉に関する講義を受講していました。知っていて損はないと言うか、ある程度知っとかないといけない内容です。
この記事では社会保障の触りしかお話しないので、もっと詳しく知りたい!という方は、ご自身の状況と合わせて市役所等に問い合わせて確認してみても良いかも知れません。

フリーランスとは?

フリーランス、すなはち個人事業主。
最近すごく増えていますよね。
フリーランスとは組織や会社に所属ぜず、独立して働くということ、又はそういう人たちのことを指します。

ダンサーを含むパフォーマーにもこの働き方の人が多いよね。FPやSE、ブロガーにも多いかな。イメージとしては、1日に何箇所も移動して技術を売っている人や逆にカフェでずっとパソコンしてる人がフリーランスに多いようなイメージですよね!あくまでイメージだけども。

ダンサーの社会保障ってどんなかんじ?

ダンサーというか、フリーランスの方皆様に言えることなんですが…。
フリーランスの人は国民健康保険、介護保険、国民年金保険といった社会保険に加入できます。
しかし、雇用保険と労災保険には加入できません。
あ、もちろん企業年金なんて加入できません。

フリーランスは、働く時間や場所は基本的に自分で決めることができるけれど、誰かに雇用してもらう訳ではないのでノーガードな部分があるんです。組織が守ってくれる訳ではないということ。ある程度の自由と引き換えにそのあたり自分でやりますよってのがフリーランスなんですね。

ダンサーはどこかの組織、会社に所属していない限り、フリーランスであることが多いです。
ダンサーの皆さんの中にはこのあたりをしっかり考えておられる方もいるかも知れませんが、管理人のまわりには、ちんぷんかんぷんですという知り合いも少なくありません。

ご自身の今そして、将来、老後のこと、真剣に考えてみましょう!

もちろん、ダンサーとして有名になって何も考えなくて良いだけの貯蓄ができたら1番ハッピーなんだけどね。

ダンサーが安心してフリーランスを貫くには?

会社や組織に所属することなく、フリーランスとして働く道を選ぶことは決して悪いことではありません。

控えめに言って、めちゃくちゃ格好良いことだと思います!

ですが、守るものがある場合や自分の人生を自力で生き抜かなければならない場合はちょっと話が変わってきますよね。
愛する人と最低限の、いやなるべく生活水準を守りつつ、幸せに生きていく。
そのためには、安定、安心、保障が結構大切になってきてしまったりますよね。

もちろん、我ら一家はお金や社会の呪縛を解き放ち、LOVE&PEACEだけを信じて生きていくんだぜ!という強者はそれはそれでありだと思うよ。私もむしろ割と愛があれば良いかタイプなんでね。

でも一応ご紹介。
フリーランスでも入れる保険のサービスもあったりする。
そして月額めっちゃ安かったりする。




ダンサーだと仕事中の事故とか心配ですよね。
フリーナンスに加入しておけば安心なのかなとか思います。

なんか宣伝みたいになっちゃったけど、ほんとそういう案件じゃないです。笑 ただ、ダンサーの皆もこういうのあるんやって知っといたほうが良いよ!

フリーランスは組織が守ってくれない分、身の安全を固めつつ、貯蓄や資産を増やすことに一層注力した方が良いみたいですね。

おわりに

今回ははてなブログとフリーナンスの特別お題キャンペーンにのっかってみました!
はてなブロガーの皆様、ぜひ読者登録、はてブよろしくお願いいたします。

私はもう1つブログを運営していて、いつもこういう記事はそっちで書くんだけど、今回はぜひダンサーの皆さんはじめアーティストの皆さんに考えていただきたい内容だったので、こちらに。
社会保障や保険に関して、触りだけの記事ですが、何かのきっかけになれば幸いです。

こう考えると、働き方って本当に無限にあって…。
いつでも自分が好きな自分でいれたら良いですよね。

そのためにも、自分の身を守る制度、サービスについては知っておいて損はありません。
というか誰も教えてくれないので、知ろうとしなければなりません。
これからもダンサーの皆さん、ダンサーを目指す皆さんに有益そうな情報があればどんどん発信していきたいと思います!!
もし、何か誤ったことを発信してしまっていたら、心優しい方、メッセージいただけると、ありがたいです!

他にもこんな記事を書いています。ぜひご覧ください。
dance.mamasaurus.jp
dance.mamasaurus.jp
dance.mamasaurus.jp

FREENANCE ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #フリーにはたらく

FREENANCE×はてなブログ 特別お題キャンペーン #フリーにはたらく
by GMOクリエイターズネットワーク株式会社「FREENANCE(フリーナンス)」


◆本日のまとめ◆

基本的に自分の身は自分で守るのがフリーランス。

フリーランス向けのサービスは要チェック!


最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに登録しています。

応援ポチッと宜しくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人のプロフィールはこちら

dance.mamasaurus.jp



© 2021 ダンサーの前髪All rights reserved.